masahito-arai.com

ペアトレードって何?

ペアトレードという言葉を聞いたことがありますか?
これは、株式や商品相場でいう、鞘取りにあたります。
つまり、

「同じような動きをする相関関係のある商品の価格差を狙って、売りと買いを同時に行い、同時に決済すること」

です。

例えば、日経平均の現物を買い先物を売るとか、金を買って、白金を売るとか、同じような値動きをする銘柄を反対売買することでリスクを抑え、ハイリスク商品を、ローリスク、ミドルリターン商品にすることができます。

為替相場では、同じような動きをするものといえば、USDとCAD、EURとGBP、AUDとNZDなどとなります。
ですので、これらの組み合わせで反対売買することが、ペアトレードです。

具体的には、USD/JPY買、CAD/JPY売 や EUR/JPY買、GBP/JPY売 ということです。

ここで、どちらが割安か割高かを判断できるのであれば、割安なものを買い、割高なものを売るということで、さらに収益をあげることもできると思います。
昨日、AUD/NZD相場が2.000という高値にあり、AUDが買われすぎ、NZDが売られすぎだと記事にしました。そうすると、割高なAUDを売り、割安なNZDを買うことでうまく鞘を取れる可能性があります。
つまり、AUD/JPY 売り、NZD/JPY買いを実施することが、ペアトレードになります。
今日は、AUD/JPYが下がり、NZD/JPYが上がったので、鞘取りどころか、両得になっていますが、こんなことは稀でしょう。

ですので、USD/CADやEUR/GBP(ユロポン)、AUD/NZD相場をしっかり見れば、どちらが割高かを判断できます。
僕が常々、対JPY相場だけのチャートしか用意していない会社だけではなく、対USD、対EUR相場のチャートが見れる会社の口座を作ることを薦める理由はここにもあります。

もちろん、収益だけを考えるのであれば、ペアトレードをせず、USD/CADやAUD/NZD相場を売買するというのもいいですが、リスクを抑えるという点では、ペアトレードの方がローリスクといえます。

両建てをすれば、価格差は0になりますので、鞘取りはできません。
手数料を払って終わりですが、ペアトレードは、リスクを抑えるという点では、非常に意味のあるものだと考えます。
ペアトレードをしなくても、相関性の高い通貨同士の相場を見ることは、絶対必要だと思います。
author : admin | - | -